CBヒーローイメージ
 
FT–1CBモデルはMBと比べ、ソールに幅を持たせバックフェイスを精密機械加工で削り出す事により底重心化しております。また、キャビティ外枠に施したデュアルカットにより多少のミスショットにおいても高弾道なボール軌道を導いてくれます。最新のCADソフトウエアを用いて、底重心設計において最適なフェース厚を設計したまさに現代の最先端技術と職人が昔ながらの焼き鈍し技を融合させた、パフォーマンスとフィーリング両方において優れたクラブとなっております。  *焼き鈍し:鍛造された鉄を再度芯まで加熱し、保温環境下で徐々に冷却する熱処理法である。

FT–1CBモデルはMBと比べ、ソールに幅を持たせバックフェイスを精密機械加工で削り出す事により底重心化しております。また、キャビティ外枠に施したデュアルカットにより多少のミスショットにおいても高弾道なボール軌道を導いてくれます。最新のCADソフトウエアを用いて、底重心設計において最適なフェース厚を設計したまさに現代の最先端技術と職人が昔ながらの焼き鈍し技を融合させた、パフォーマンスとフィーリング両方において優れたクラブとなっております。

*焼き鈍し:鍛造された鉄を再度芯まで加熱し、保温環境下で徐々に冷却する熱処理法である。